食事療法

慢性的な耳鳴りを治すのに効果的な方法として、食事療法を紹介。予防にいい食材、控えたほうがいい食材などをピックアップしています。

 

耳鳴りを予防する食事とは

耳鳴りを治す食事耳鳴りが起こるときには、体の機能が低下していることが多いため、身体機能を回復させるための食事が必要になります。つまり、耳鳴りを食事で改善したり予防することもできるということです。

耳鳴りにいいといわれているのは、血行促進効果のある黒豆、老化防止作用やアンチエイジング効果のあるセサミンが含まれるゴマ、リンパの流れをよくするニンジン大根ニンニク玉ねぎなどの野菜類です。ここに挙げた以外でも、血行をよくしたり、リンパの流れをよくする効果のある食べ物が耳鳴りにいいといわれています。

逆に、耳鳴りに悩まされている人が摂らないほうがいい食品は、血流を悪くするバターやマーガリンなどの油脂類、体内に老廃物を作りだす成分が含まれている加工食品、カフェインが含まれ自律神経に影響が出るコーヒーや聴覚系の抑制をなくすアルコールなども控えめにしたほうがよさそうです。

積極的に ビタミン類の摂取も

ビタミン類は、耳鳴り改善に効果があります。抗酸化作用があるビタミンCを特に取り入れていきたいところ。
フルーツや野菜から摂取する際に、熱に弱いビタミンを壊さないように、加熱はしないよう生で摂るようにしましょう。

食べ過ぎは厳禁

食べ過ぎは、血の流れが悪くなり、体にむくみがでます。

胃腸が食べ物を消化するにはエネルギーが必要になるため、カラダの悪い所を治す働きが遅くなります。
少なくとも、耳鳴りという不調を抱えている間は、腹八分目にしておきましょう。

太りすぎも体に負担がかかるため、朝食は果物のみ、昼は軽食にするなどして、体重を減らします。

禁煙が必要

食べ物ではありませんが、実はタバコは耳鳴りの悩みを抱えている方の大敵。
タバコを吸うと、血管が収縮して血行が悪くなります。
血流が悪いと、耳や脳に酸素や栄養素が届きにくくなり、耳鳴りが悪化してしまします。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。