心理療法

耳鳴りの原因が極度のストレスやプレッシャー、緊張といった心の問題に原因があるならば、病院で心理療法による治療が行なわれます。

自己コントロールで耳鳴りを治療

心理療法とは、精神状態を落ち着かせ、自律神経を整えることを目的とする治療方法です。

耳鳴りはイライラといったストレスを感じることが多く、逆に安定した心の状態の時には気にならないものです。

病院で医師を始めとした心理療法士や心理カウンセラーが、患者それぞれの耳鳴りの根本原因を探りだし、ストレスといった心の負担を軽減させていきます

主に自律神経にかかわる場合は、医師や心理療法士が治療・指導を行います。カウンセリングが中心の治療には、心理カウンセラーが担当することが多いようです。

心理療法の治療内容

耳鳴りを心理療法によって治療している病院では、主にカウンセリングやバイオフィードバック、自律訓練、行動療法、認知行動療法といった方法が採用されています。いずれも耳鳴りを自己コントロールすることに主眼が置かれています

【カウンセリング】

耳鳴りの原因となる心のストレスに対して、カウンセリングを通して緩和させていきます。

【バイオフィードバック】

緊張の度合いや生理反応を分かりやすくメーターで緊張度を患者さんに伝える方法です。筋電図を使用します。自分が緊張する時と、緊張がほぐれる時を知り、意識させることで、心の状態を自分でコントロールできるようにしていきます。

【行動療法】

ストレスで耳鳴りを起こしやすい人が、自分の行動パターンを再確認し、見直していくことで、耳鳴りの症状を軽くしていくアプローチです。耳鳴りが起こりがちな人は、カラダに負担のかかる行動を知らず知らずとっていることが多いものです。ゆとりある毎日を過ごすように、心の状態を安定させていきます。

【行動認知療法】

耳鳴りに対しての不安や恐怖を取り除き、耳鳴りに意識が集中してしまう心の状態を改善していきます。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。