耳鳴りの薬物療法

耳鳴り治療では、薬物療法も代表的な治療法のひとつになります。耳鳴りは様々な原因によって起こるため、医師による診断が肝になります。間違っても自分で判断しないこと。特に薬物療法は飲み合わせなどの問題や副作用の危険性もあるので、必ず病院へ行き医師の診断の元で薬を服用してください。

病院で処方される耳鳴りの治療薬

耳鳴りの薬物療法では一般的に自律神経を安定させる抗不安薬、精神安定作用のある抗ヒスタミン薬抗うつ薬局所麻酔薬、炎症を抑え代謝を良くする副腎皮質ホルモン剤血流改善薬末梢血管拡張薬ビタミン剤睡眠導入薬代謝改善薬が用いられます。

一部の病院では漢方薬によって耳鳴り治療をしているところもあります。

耳鳴り治療は、症状や原因に応じてそれぞれ使用する薬が異なってきます。ただし、耳鳴りを完全に直すことができる特効薬はありません。あくまでも症状を緩和するための治療法のひとつとして考えておく方がよさそうです。

耳鳴り治療で使用される薬品例

・耳鳴り治療目的で開発された医薬品

薬品名:ストミンA

内耳と中枢神経の障害による耳鳴りに効果を発揮。

・血行不良による耳鳴りの場合

薬品名:アデホス

血管を拡張することによって脳循環・代謝を改善し、内耳の働きを活発化させる働きがあります。

・ビタミン不足で耳鳴りが起こる場合

薬品名:メチコバール(ビタミンB12)、ユベラニコチネート(ビタミンE)

ビタミンB12には末梢神経に栄養を与える作用があり、ビタミンEには血流量を増加させる働きがあります。

・ストレスが原因で耳鳴りが起こる場合

薬品名:抗うつ剤抗不安薬

脳に直接働きかけて不要な緊張をほどき、ストレスをなくすための作用があります。

・激しい耳鳴りをスグに抑えたい場合

薬品名:局所麻酔薬ステロイドホルモン剤

局所麻酔は静脈に注射器を使って打ち込みます。またステロイドホルモン剤は中耳から入れて内耳へと染み込ませます。即効性が期待できますが、持続はしません。

薬物療法のデメリット

薬物療法は、始める前に入念な検査が必要となります。耳鳴りの性質や程度を調べるため、一般的な耳鼻咽喉科の検査に加え、耳の機能検査、障害や難聴の有無などを細やかに時間をかけて検査します。

原因が複数あると診断された場合、さまざまな種類の薬も処方されるため、費用がかさんでしまうといったケースも少なくはありません。

また、耳鳴りの治療に使用される薬は、そのほとんどが食欲不振・吐き気・頭痛などの副作用を引き起こす可能性があります。薬の飲み合わせにも注意が必要となるため、服用する際は必ず医師から処方された薬だけを服用してください。

処方薬・市販薬などを考えるのであればサプリメント摂取もひとつの手

薬物療法のデメリットに不安を感じる方は、サプリメントの利用がおすすめです。

耳鳴りに効果があるとされている、蜂の子やイチョウ葉エキス。これらはサプリメントを利用することで、簡単に摂取が可能です。

特に蜂の子はアミノ酸が豊富に含まれ、利用者からは耳鳴りへの効果のみならず、体調回復や血行不良改善の声も見られます。

副作用の心配なく高い効果に期待でき、費用も抑えられるサプリメント。耳鳴りサプリの比較ランキングもぜひチェックしてみてください。

耳鳴りを改善するおすすめのサプリメントとは?>>

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。