耳鳴りの正しい治し方HOME » 体質改善で耳なり根本治療の流れ » 食事・運動・入浴の習慣を改善

食事・運動・入浴の習慣を改善

毎日の生活習慣を見直すことで、耳鳴の改善につながります。耳なりに効果のある食事や運動、入浴の仕方を紹介しています。

耳なりの改善に効果的な食材

耳鳴改善に有効な食材食事の面から耳なりを改善するには、血流やリンパの流れをよくする食品を摂るのが有効です。血液やリンパの流れがよくなれば、耳にも酸素や栄養が十分に行きわたるため、その症状を緩和する効果が期待できます。

血流をよくする食べ物として挙げられるのが黒豆。黒豆には、血管を広げる効果のあるリノール酸が多く含まれています。また、血行をよくするミネラル類も豊富です。

そのほか、血管を強くして血液サラサラ効果のあるビタミンB12もおすすめ。牡蠣シジミサンマイワシ牛・豚・鳥のレバーなどに多く含まれています。

リンパの流れをよくする食材としては、ニンジン大根玉ねぎカボチャ山芋ニラハトムギなどが代表的です。

耳は腎機能と深く関連していると考えられているため、腎臓や副腎の機能を高める食事を摂ることも効果があります。腎機能を高める食材には、レンコン、ゴボウ、もやしなどがあります。

耳なりは、老化によって生じることもあるため、老化防止作用やアンチエイジング効果の高いセサミンを含むゴマも、耳なりにいいといわれています。

耳なりの解消には運動も効果的

血液やリンパの流れが悪くなることで、耳なりになるということがあります。体を動かすことが少なくなると筋肉が退化し、血液やリンパの流れが悪くなります。そのため、血流やリンパの流れをよくするために運動をすることも、耳なりの解消に効果があります。

適度な運動をすることで肩や首のコリがほぐれ、耳なりが改善されたというケースもあります。

運動不足だった人がいきなり激しい運動をすると筋肉痛になったり、長続きしないので、ウォーキングや軽いジョギングなど、自分のペースでできる有酸素運動から始めるのがおすすめです。

入浴でリラックスして耳鳴を解消する

耳鳴り改善に有効な入浴法入浴も、耳鳴の改善に効果があります。入浴することで心身ともにリラックスし、副交感神経の働きを促す効果が期待できます。入浴によって血管が拡張され、血液の循環もよくなるので、耳鳴にも有効です。

入浴の際に気をつけたいのがお湯の温度。お湯が熱すぎると交感神経が活発になり興奮状態になってしまうため、耳鳴りが悪化してしまうことも。また、お湯が熱すぎると眠りにつきにくくなります。睡眠の質の低下はストレスにつながるので、耳鳴に悪い影響を及ぼします。

38~40度くらいのぬるめのお湯に15~20分くらいつかるのがいいでしょう。

食事、運動、入浴などの生活習慣とともに実行したいのが体質改善。生活習慣とともに、サプリメントで体質改善を図ることで、耳鳴りを解消しやすくなります。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。