難聴

耳鳴りと共によく起こりがちな症状のひとつとして、難聴が挙げられます。耳鳴りと難聴は同時に発生する場合が多々ありますが、難聴自体は自覚症状がないことが多いようです。周囲や医師に指摘されて初めて気が付く人も大勢います。

耳鳴りと難聴の不快、その深い関係

難聴とは、物音や声が聞き取りにくくなる症状です。耳鳴りとよく一緒に起こる難聴は「感音難聴」といって、内耳の神経や聴神経になんらかの障害があって起こることがあるようです。

その他にも耳鳴りと関連の深い「突発性難聴」や音を伝える骨の異常によって起こる「伝音難聴」、大きな音を聴いた時に発生する「急性感音難聴」「老人性難聴」といったものがあります。

難聴が厄介なのは、原因をひとつに特定することが難しいことです。わかっているだけでも、内耳のウイルス感染や血管の異常、血流障害、聴神経の腫瘍が難聴の原因となります。

また生活習慣や環境の変化によって過度のストレスが心身を襲うことで、難聴が発生することもあります。

難聴の診断と改善方法について

難聴の治療は、病院でしっかりと検査することから始まります。耳鼻咽喉科の医師によって既往歴や現在治療中の病気について問診して、さらに聴力検査血圧・血液検査、場合によってはCTやMRI検査を行なうこともあります。

こうした様々な検査を経て、難聴の原因を探ることが治療法や改善法を探る上で大切になっていきます。

難聴の治療は主に代謝改善剤や循環改善剤、ビタミン剤、血管拡張剤を使用した薬物療法があります。また耳鳴りを伴う場合は、ストレスや精神的な緊張が背景にあることも多く、カウンセリングや自律訓練といった心理療法が行なわれます。

こうした治療法を組み合わせ、耳鳴りと難聴を改善するための効果的な治療法を見つけていくことになるでしょう。

いずれにしても、日頃からストレスや睡眠不足、過労といったカラダと心への負担を避けるように心がけましょう。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。