顎関節症

顎関節は耳の近くにあります。ですから顎に異常があれば、耳の内部まで影響が現れやすく耳鳴りになってしまうことも。

顎関節症によって起こる耳鳴り

耳の中は内耳と中耳とに分かれていることは既にご存知でしょう。この内耳と中耳がある場所に、側頭骨があります。この側頭骨と下顎との関節が、いわゆる顎関節。この部分が口の開閉時にガリガリと音がしたり、大きく口を開けたりすることができなくなってしまうのが顎関節症です。

顎関節症からくる耳鳴りの原因と診断方法

顎関節症が疑われる時、何科の病院へ行けばいいのか悩まれる方が多いようです。一般的には歯科で治療を行い、症状が改善されない時はさらに専門医の診察を受けることになるでしょう。

顎関節症の原因は噛み合わせの悪さや顎関節の歪み、首の筋肉の緊張によって引き起されます。最近では関節円板のズレや骨盤・背骨の歪み、ストレスも関係していることが分かっています。

顎関節症からくる耳鳴りは、他に音源がないのに耳鳴りがする自覚的耳鳴りがほとんどです。

一般的な顎関節症の診断は、主に問診になります。「あごが痛む(顎関節痛)」、「口が開かない(開口障害)」、「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」といった症状のうち、ひとつ以上当てはまれば顎関節症の疑いがもたれます。

さらにMRI検査をすることで、適切な診断と治療が可能です。

顎関節症の治療法や予防法

一般的な治療法は、マウスピースを用いて顎関節にかかる負担を軽減していきます。

痛みが酷くなく、医者にかかる程でもない時は、顎関節の痛む部分を冷やします。ただし慢性的に痛い場合は、血行をよくするために温めましょう。

硬いものや何回も噛む必要のある食べ物は控えてください。大きく口を開けなければ入らないような食べ物も禁物。小さく切ったりするなど調理に工夫をしましょう。

片側で噛む癖もいけません。その他にも、うつぶせといった睡眠時の姿勢や高い枕はやめましょう。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。