耳管狭窄症

耳の中の働きが鈍り、耳管が狭くなってしまう耳管狭窄症。唾を飲み込む時やあくびをした時に、耳の中の調節機能が上手く働かなくなり、耳鳴りが起こることもあります。

耳鳴りの原因となる耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)について

耳管狭窄症になるとたえず耳の中が詰まったような感じになり、耳鳴りがしたり音や声が聞き取りにくくなってしまいます。自分の声が大きく聞こえてしまうこともあります。低音域での音が聞こえにくくなるのも特徴のひとつです。

耳管狭窄症の原因と診断方法

耳鳴りを引き起こす耳管狭窄症は、たいてい鼻周辺の異変が原因となるようです。もしも一日を通してたえず耳の中が詰まっていると感じたり、音が聞こえにくい、耳鳴りが気になるならば耳管狭窄症が疑われます。突発性難聴といった他の病気を併発する可能性もあるので、早めに耳鼻咽喉科で診察を受けて下さい。

風邪をひいて上気道炎や鼻炎、副鼻腔炎、上咽頭炎などにかかると、耳管の内側の粘膜が腫れてしまい耳の中が狭くなります。その他にもアデノイド肥大や腫瘍といったものが原因となることも。耳の内腔圧迫によって耳管狭窄症になってしまう症例も報告されています。

耳管狭窄症かどうかを診断するには、聴力検査や鼓膜の動きを調べるティンパノメトリーという検査をはじめ、耳管に空気を通して鼓室の状態を検査する方法があります。腫瘍が疑われる時は、ファイバースコープを使って上咽頭を調べることもあります。

耳管狭窄症の治療法や予防法

治療にあたってはまず耳管開口部の炎症を取り除きます。さらに中耳腔へ空気を通すために耳管通気を行ないます。

これらの治療で症状が改善しない場合は鼓膜に小さい穴を空けて鼓膜換気チューブを通し、空気の流れを良くしていきます。

耳管狭窄症は、耳と鼻の間を通る管の換気が悪くなることで発症します。予防方法としては、耳抜きを行って、耳管の換気を良くしていくこと。ただし、耳抜きのやり過ぎは空気が溜まってしまうため要注意です。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。