妊娠

実は、妊娠も耳鳴りの原因になりえます。ここでは、妊婦にしか分からない妊娠による耳鳴りの理由や対策を紹介します。

妊娠すると耳鳴りが起こるのはなぜ?

まだきちんとメカニズムが解明されているわけではありませんが、妊娠によって血行が悪くなることが妊娠中の耳鳴りの原因といわれています。

妊婦が耳鳴りを感じることは特に珍しいものでもなく、およそ4人に1人は妊娠中の耳鳴りを経験しているそうです。特に貧血気味の方や、高齢出産の方に起こりやすい傾向があります。

主な症状としては、ボーっという体の内部から響くような低音が聞こえたり、キーンととした高音が聞こえることがあります。また、難聴になったり小さい音が異様に大きく聞こえたりすることもあるそうです。

赤ちゃんを授かると、女性の身体には様々な変化が起こります。それに伴う肉体的負担や心理的ストレスなどが、耳の付近の血行不良につながると考えられているのです。

そのほかにも、赤ちゃんを授かったことによって普段よりも運動量が激減したり、体重が増加したりして、身体の隅々まで血液がいきわたらなくなることも影響してくるそうです。

不安な耳鳴りを改善するには

妊婦は、身体に大きな負担がかかっているので、耳鳴りを感じたら無理せず安静にすることが重要です。

  • 水分を多めに取る
  • ストレスをなるべく溜め込まないようにする
  • サプリや漢方薬を試してみる(※使用前にかならず医師に相談してください)

などがあげられます。妊婦の方にはよくあることですので、あまり気にしすぎないようにするのも手です。ただし、耐えられないほどの耳鳴りや、出産後にも続くような耳鳴りの場合は別の原因が考えられるので、1度検査を受けることをおすすめします。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。