ストレス

ストレスが原因で起こる耳鳴り

病院で検査を受けても耳鳴りの原因がわからない場合、ストレスが関係している可能性があります。日々のストレスに気づかず、耳鳴りの症状が出るケースは少なくないそうです。「ストレス」と「耳鳴り」は関係がないように見えますが、実は深い関わりがあります。

なぜ、ストレスが原因で耳鳴りの症状が出てしまうのかと言うと、ストレスの蓄積で自律神経の働きが乱れるから。普段意識していなくても心臓は休みなく動いたり、暑いときは自然に汗が出たりと体は常に動いています。これらは自律神経の機能によるものです。自律神経は2つの神経に分けられ、人が活動的な状態のときは交感神経、リラックスしているときは副交感神経が優位になり、各器官の働きを促しています。両方の自律神経がバランスを保つことで、体は正常を維持しているんです。

しかし、ストレスを受けると体はリラックスした状態になれず、交感神経から副交感神経への切り替えができなくなります。すると交感神経だけが働き詰めになるので血圧が上昇し、耳周辺の血流が増加。その状態が長い間続くと脳や内耳に異常が生じ、耳鳴りの症状が現れるそうです。

耳鳴りはストレスが原因となり、2つの自律神経がうまく切り替えできないことで起こることが分かりました。それを避けるには、ストレスの要因をきちんと知ることが大事。ストレスというと不安・緊張・怒りなど精神的なことをイメージすると思いますが、実は他にもさまざまな種類があるんですよ。

  • 物理的ストレス…冷房や暖房による寒暖の差
  • 環境的ストレス…騒音でリラックスできない
  • 科学的ストレス…お酒やたばこの依存によるイライラ
  • 生物的ストレス…細菌や花粉による病気の発症

例えば、季節の変わり目で日中の寒暖差が激しい場合、体はストレスを感じています。このように日常的に外部から受けるあらゆる刺激がストレスの要因となっていたんです。

生きていく限りストレスを完全になくすことは難しいでしょう。過度なストレスの積み重ねが原因で、ある日突然耳が聞こえなくなってしまったら一大事です。そうならないためにも、なるべくストレスをためこまない生活を心がけましょう。

心の疲れを感じたときは、お湯にゆったり浸かって体を休めるとリフレッシュできます。軽く受け流したり早めに気持ちを切り替えたりして、対処の仕方を工夫することが大事なのです。毎日家事や育児で忙しくても、体と心を労わってあげる時間を確保したいですね。まずは、日常的にどのようなストレスを受けているのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。