加齢

耳鳴りの主な原因の一つに、加齢・更年期障害があります。なぜ歳を取ると耳鳴りが起こりやすくなるのか?その理由を調べました。

もっとも多く挙げられる耳鳴りの原因

耳鳴りの原因・加齢中高年のほとんどが、一度はキーンという高音の耳鳴りや、ザーッという耳鳴りを経験するそうです。

加齢が原因で起こる耳鳴りは、耳の奥の蝸牛にある有毛細胞の働きが年齢とともに衰えたり、老化によって壊れたりすることで生じます。耳鳴りだけのこともありますが、場合によっては、難聴を伴うことも。こうした難聴を伴うケースは「老人性難聴」と呼ばれていますが、高齢者にだけ起こるものではありません。40代でも発症することもありますし、慢性の中耳炎にかかっている人も起こしやすいといわれています。

老人性難聴は早期ではほとんど自覚がなく、耳鳴りだけを感じるというケースがあります。人の声がこもったように小さく聞こえたり、音楽や雑音の中では相手の声が聞き取りにくくなったり、女性の声が聞き取りにくくなったりという症状が現れます。

更年期の耳鳴りを改善する有効手段

蝸牛の有毛細胞は、一度壊れると修復できないため、老人性難聴は根本的な治療が難しいといわれています。しかし、人間の体を作る細胞は日々、生まれ変わっているため、加齢が原因の耳鳴りであっても、改善することは可能です。

たとえば、老人性難聴は、耳の血行が悪くなると進行していくとも考えられています。そのため、血行を悪くする喫煙や、脂肪の多い食べ物は控えるなど、食事面から変えていくというのも有効です。また、体を温める効能のある漢方などを摂取することで、耳鳴りを改善できるという場合もあります。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。