耳鳴りの正しい治し方HOME » こんな病気の可能性も…耳鳴りの種類

こんな病気の可能性も…耳鳴りの種類

ただならぬ耳鳴りを感じたら、病気が潜んでいる可能性を考えましょう。具体的に、どのような耳鳴りが、どのような病気と関係しているのか解説します。

ほとんどは問題のない耳鳴りです

耳鳴りを一度も経験したことがない、という方は数少ないと思います。

例えば、音のない静かな部屋の中に一人でいるときに「サー」であったり「キーン」といった、何かしらわずかな音を感じますよね。それこそが耳鳴りなのです。

このように、誰にでも起こりうる耳鳴りには、大きな心配はいりません。寝不足や飲酒、疲労、騒がしい場所から静かな場所へ移動した際に多く見られ、一晩休息をとったり、気付いた時には大抵はおさまっているものばかりです。

注意すべき耳鳴りは、なかなかおさまらないタイプのもの。場合によっては、大変危険な病気を示唆している可能性もあります。

恐ろしい病気と関係している耳鳴りに注意!

耳鳴りにも数多くの種類が存在します。注意すべきは、静かな環境下で感じるものと、明らかに違う耳鳴り。

脈拍に合わせたようなリズミカルなものや痙攣するような細かいもの、低音でこもったようなものなど、明らかに違和感を感じさせる耳鳴りが長く続いた場合、あなたの体に何らかの異変が生じている証かもしれません。

そこでこのカテゴリでは、あらかじめ知っておくべき、自覚的耳鳴(じかくてきじめい)他覚的耳鳴(たかくてきじめい)といった耳鳴りの学術的な分類から、耳鳴りに潜む病気までを探ります。

耳鳴りを伴う代表的な病気「メニエール病」と「突発性難聴」についても詳しく解説。症状や原因、治療法などをまとめました。

ここで取り上げた例を参考にし、気になる耳鳴りが長期間続いた場合は、早めに医師に相談しましょう。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。