耳鳴りの正しい治し方HOME » 耳鳴り対策におすすめの食品・成分 » 耳鳴りを改善するビタミンの種類は?

耳鳴りを改善するビタミンの種類は?

ビタミン摂取と耳鳴り改善の関係についてまとめています。特徴やどんな効果があるのか説明しているので、ご覧ください。

耳鳴り対策に期待できるビタミン

ビタミンとは?

タンパク質・脂肪・炭水化物の三大栄養素をエネルギーに変えるためのサポートをするのが「ビタミン」の特徴。エネルギーを生みだすことはできませんが、体を動かす潤滑油のような役割をしています。体内でほとんど生成されないため、食べ物やサプリメントで摂取しなければいけません。

ビタミンは「水溶性」と「脂溶性」の2種類に大きく分けられます。水溶性ビタミンは水や熱に弱い性質。尿や汗などから排出されやすいため、大量に摂取しても問題ありません。ビタミンB群やビタミンCは水溶性に分類されます。

脂溶性ビタミンは、水に溶けにくい性質です。油脂と一緒に摂取することで、吸収力はアップします。脂溶性に分類されるのは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK。過剰摂取すると、体内にたまってしまい、副作用が起こる可能性があるため注意しましょう。ここでは水溶性ビタミンの中でも耳鳴り改善に効果が高いとされる「パントテン酸」と「ビタミンB1」を紹介していきます。

パントテン酸

パントテン酸は別名「抗ストレスビタミン」と呼ばれており、ストレス耐性をつける働きがあります。摂取すると副腎皮質ホルモンというものが大量に分泌され、ストレスへの抵抗力をつけてくれるためです。

ストレスによる耳鳴りで悩んでいる人は、パントテン酸を積極的に摂ってみましょう。

レバー・卵・納豆・なめこ・アボカド・モロヘイヤ・カリフラワーなどが、パントテン酸を多く含む食材。水溶性ビタミンなので、水に溶けやすく熱に弱い性質です。調理する際は熱が軽く通るぐらいに蒸すか、弱火で炒める程度に抑えるよう意識しましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変えるために必要な成分。ビタミンB1が不足してしまうと、食欲不振になったり体がだるくなったりしてしまいます。別名「疲労回復のビタミン」と呼ばれるほど。

疲労回復効果だけでなく、脳に栄養をすばやく届けて神経バランスを保つ効果もあります。2つの効果から、耳鳴りの改善も期待できます。

ビタミンB1は、玄米・胚芽精米・レバー・豚肉・カツオ・うなぎ・にんにく・米ぬか・大豆などから摂取可能。最近は手軽なサプリメントで摂取するのが一般的になってきました。食事と併せて効率良く栄養と摂るのが賢い選択かもしれませんね。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。