ヒマワリの種

中国では昔から耳鳴りの特効薬として用いられてきたひまわりの種。民間療法の類いの話かと思いきや、実はしっかりとした効能があったのです。

ひまわりの種にも血流改善効果が認められていた!

ひまわりの種には、不飽和脂肪酸が成分として含まれているため、これが血中のコルステロールを減少させる作用があります。つまり血管の中がきれいになるわけですから血行が良くなるのです。

さらにビタミンB群やビタミンE、ミネラルとして鉄や亜鉛、銅といった成分が、ひまわりの種には豊富に含まれています。ここで耳鳴りに効能を発揮するひまわりの種の成分として注目したいのが、クロロゲン酸キナ酸誘導体です。

特にクロロゲン酸は、血流改善、血圧降下、抗酸化、有毒物の無害化に効能があるとされ、内耳の部分に作用して耳鳴りを軽減させたり、解消する働きがあります。

またキナ酸誘導体は、神経の機能を高める働きがあります。このキナ酸誘導体がNGPという神経の機能を高める効果をもたらし、これにより内耳や脳神経に作用して機能を高めることで、耳鳴り予防になるという訳です。

ひまわりの種の効果的な摂取方法

ひまわりの種は、一粒ずつ歯で種についている殻を噛み砕いて割れ目を入れ、その後手で開いて中身を取り出して食べる方法が一般的でしょうか。落花生の食べ方みたいなものです。殻むきが面倒ならば、乾燥したひまわりの種を炒めてしまえば、殻のままでもそのまま食べることがきますよ。

ただこうした食べ方はアメリカ人などが良くしていますが、日本人にはそれほど馴染みのないようにも思えます。どちらかと言えばひまわりの種は、食用油の原料としてみかけることの方が多いですからね。

サプリメントならばひまわりの種の成分を摂取するための余計な手間もかからず、良い所(効能)だけを手軽に摂ることができます。ひまわりの種を主成分としたサプリメントも数多く発売されているので、入手しやすくなっています。

ひまわりの種が含まれているおすすめのサプリメントは?>>

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。