耳鳴りの正しい治し方HOME » 耳鳴り対策におすすめの食品・成分 » 耳鳴り改善に必要なミネラル類って?

耳鳴り改善に必要なミネラル類って?

耳鳴りの改善に効果があると言われているミネラルについてご紹介。特に効果的な成分「ナトリウム」「カリウム」「セレン」について詳しく説明しているので是非参考にしてください。

ミネラルを摂取して耳鳴りを改善する

ミネラル(無機質)とは5大栄養素の1つで、人間の生命維持に必要不可欠な栄養素です。体の維持や調節を行う大事な役割を担っています。約100種類あると言われているミネラルの中で、人にとって特に欠かせないものがカルシウム・カリウム・ナトリウム・マグネシウムなどの16種類。これらは「必須ミネラル」と呼ばれています。

ミネラル類が体内を占める割合はたったの4%ですが、不足してしまうと体にさまざまな不調が現れたり、病気になったりするので注意が必要です。

ミネラルの量が足りないことが原因となり、耳鳴りやめまいなどの症状が現れることも。一見「耳」と「ミネラル」は関係ないように思えますが、深い関わりがあります。

ミネラルは体内で生成ができないため、外部から取り入れる必要があります。食生活で栄養バランスに偏りがある方は、ミネラルを多く含む食品やサプリメントを摂取して補いましょう。ただし、摂りすぎるのも良くありません。1日の適切な摂取量は厚生労働省が基準を定めていますので、気になる方は厚生労働省の公式ホームページをチェックしてみてください。

ナトリウム・カリウム

人の体は約60兆個の細胞が集まって形づくられています。細胞の外側の水分に存在しているのがナトリウム、内側に存在しているのがカリウムです。この2つのミネラルは深い関わりがあり、細胞内の水分量に対して適切な濃度を保っています。細胞がきちんと機能し、生命を維持するには、ナトリウムとカリウムの濃度バランスが重要なのです。

しかし、適切な量を超えたり不足した状態が続くと、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れ、体にさまざまな不調が現れることがあります。耳の内部は鼓膜や蝸牛(かぎゅう)などのとてもデリケートな器官が集まる場所。器官の細胞が傷つくと、再生は難しいでしょう。耳鳴りなどの症状が現れたら、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまっている可能性があります。

摂取する方法ですが、ナトリウムは食塩の成分であり、多くの食品に含まれているので不足の心配はありません。カリウムは豆や芋などの野菜から摂取できますよ。

セレン

必須ミネラルの1つで、魚介類・卵類に多く含まれています。セレンには抗酸化作用があるので、老化や動脈硬化の予防に効果的です。人間の体は40歳を過ぎたあたりから一気に衰え始めます。加齢により、耳の奥にある蝸牛の働きが弱まることで耳鳴りが起こることも。このような症状を防ぐには、毎日適切な量のセレンを取り入れることが必要です。耳の不調が現れた場合は、セレンを多く含むかつお節や卵黄などの食品から摂取するように心がけましょう。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。