脂肪酸とは?

蜂の子に多く含まれる成分で、耳鳴りにも効果を発揮する脂肪酸。ここでは「必須脂肪酸」と「非必須脂肪酸」にわけて、それぞれの効果について紹介します。

2種類の脂肪酸にはどんな効果がある?

脂肪酸とは脂質を構成する成分の1つ。活動するための重要なエネルギー源で、細胞膜やホルモンを作るもととなります。動物の脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」と植物や魚に含まれる「不飽和脂肪酸」の2種類があり、バランスよく摂ることが大切。例えば肉や乳製品を食べると動物性脂質に偏りがちなので、調理に使う油を植物油にしたり1日1回を目安に魚も食べたりと、毎日の食事で摂取する脂肪酸の種類や量を意識しましょう。

脂肪酸を多く含む蜂の子には、両方の脂肪酸が含まれています。ここでは、2種類の脂肪酸の特徴やどのような効果があるのかを紹介しますよ。

飽和脂肪酸

牛や豚の油、バターから摂取することが多い飽和脂肪酸。主な働きは、エネルギーを効率的に作り出すことです。その他にも、コレステロール値を上げる効果があります。

不足すると脳出血を引き起こす可能性がある一方、取りすぎると肥満や糖尿病、冠動脈疾患という血管の病気の原因になる飽和脂肪酸。生活習慣病を防ぐために、適切な摂取量を意識しましょう。

不飽和脂肪酸

植物油や魚に多く含まれる不飽和脂肪酸には、耳鳴りの原因のひとつである動脈硬化や高血圧を防ぐ効果があります。

「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分けられ、中には体内で生成できない必須脂肪酸も。蜂の子に含まれる必須脂肪酸には、リノール酸やリノレン酸があります。善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロールや中性脂肪だけを下げる効果があるので、動脈硬化や高血圧を改善することで耳鳴りへの働きも期待できますよ。

蜂の子に最も多く含まれる不飽和脂肪酸は、オリーブの脂から作られる「オレイン酸」です。動脈硬化や高血圧の原因になる活性酵素と結びつくことで体内の活性酵素を減らしてくれるので、オレイン酸も生活習慣病予防に最適。耳鳴りの改善にも繋がります。

不飽和脂肪酸=体に良い脂肪酸というイメージを持った方もいるでしょうが、なかには「トランス脂肪酸」という悪玉コレステロールを増やすものも。耳鳴りを改善させるなら植物性油や青魚、クルミなどの食品から摂取するのが望ましいとされていますが、毎日続けるならお手軽なサプリメントを利用するのもおすすめですよ。

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。