DHA・EPA

よく“頭のよくなる成分”としてDHA・EPAがテレビや雑誌等の健康特集で紹介されることも多く、名前を聞いた事があるかもしれません。これは耳鳴りにも効果的な栄養成分なのです。

脳神経を活性化されるDHA・EPAで耳鳴り予防

魚のなかでもマグロやブリ、サンマ、サバ、イワシなどに多く含まれているのがDHA・EPAです。DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」の略語で、ともに脂肪酸と呼ばれる成分になります。

これがなぜ耳鳴りに良いか?DHA・EPAは、脳の神経細胞を再生する力や血管を守る働きがあります。つまりこれらの成分を豊富に人体に摂り入れることで、神経組織の機能が強化されるのです。そして血行が良くなるわけですから、その結果として耳鳴りの予防や改善に効果を発揮するのです。

DHA・EPAの効果は耳鳴りだけでなく、心筋梗塞や動脈硬化など血管系の生活習慣病予防や高脂血症の改善、アルツハイマーの予防やアトピーの改善などでも期待される栄養成分なのです。

DHA・EPAの効果的な摂取方法

DHA・EPAの1日の摂取量は1~2gが目安です。ただこれだけの量を魚から得るのは結構厳しいものです。DHAを約1,000mg摂取するためには、サンマやイワシ1匹、マグロの刺身4~5切れくらいを継続的に食べなければなりません。

毎日魚を食べ続ける訳にいきませんから、サプリメントを活用して上手にDHA・EPAを摂取するようにしましょう。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カロテンなどの抗酸化作用がある成分を同時に摂れるサプリメントも多く、相乗的に作用してよりDHA・EPAの効果が期待できます。

ちなみにアスピリンやワルファリンなどの抗血液凝固薬を服用していたり、制がん剤5-フルオロウラシル(5-FU)やフトラフールを服用している場合は、DHA・EPAのサプリメント服用は避けるか、医師のアドバイスに従ってください。

DHA・EPAが含まれているおすすめのサプリメントは?>>

このサイトについて

このサイトでは、耳鳴りでお悩みの方に向けて、さまざまな改善方法を解説しています。

耳鳴りはさまざまな原因が複合して起こっている場合もあり、病院で治療を受けてもなかなか治せないケースも。

放置していると、めまいや頭痛などの症状につながる危険性があり、決して軽く見ることはできません。早めに対処するのが賢明です。

耳鳴りを改善するには、どんな原因があるのかを正しく把握し、根本的な解消法を探ることが大事です。

このサイトの情報を、皆さんの耳鳴り解消に役立ててもらえれば、嬉しく思います。